りぼんの読書ノート

Yahooブログから移行してきた読書ノートです

東京ゴースト・シティ(バリー・ユアグロー)

親日家として知られる著者がオリンピック前夜の東京を訪れて、過去と現在が混在する東京を幻視するエッセイ風の小説です。2018年春に来日してアメリカに帰国後も東京の動向を追いながら綴った作品ですが、当初はオリンピックを控えて変貌しつつある大都市へのノスタルジーや、オリエンタリズムに対する滑稽な思い込みの破綻を描きたかったとのこと。

 

東京タワーの真下に居を構えた著者が訪れるのは、有楽町ガード下や銀座のビアホール、迷路網のような地下鉄路線、築地市場豊洲市場、渋谷と原宿、コンビニとデパ地下、浅草と上野、日本橋と江戸博・・。そこで出会うのは過去の東京を懐かしむ幽霊たち。太宰治三島由紀夫坂口安吾永井荷風宮沢賢治らの文人たち、市川崑鈴木清順黒澤明らの映画監督たち、三船敏郎菅原文太植木等らの名優たち。変わったところでは明治時代に帰化した落語家の快楽亭ブラックやB級文化愛仲間の都築響一(生存)も登場。

 

コンマリのミニマリズムの対極とに位置する雑然とした「異形の都市」の失われつつある文化への挽歌が綴られていくのですが、途中から様子が変わってきます。新型コロナウィルスの流行によって東京がゴーストタウンのようになり、オリンピック・パラリンピックは延期され、当初は2020年夏までの予定だった雑誌への連載も、2021年夏まで延長されました。「ああ、恋しい、大好きな。苦しんでいる東京が、幽霊たちさえも」との述懐の結ばれる本書には、著者の東京愛と、新型コロナウィルスへの惨禍に苦しんでいた当時の東京に対する声援が込められています。

 

2024/2

プリンシパル(長浦京)

リボルバー・リリー』の著者による戦後日本のノワール・ストーリーも、主人公は女性でした。関東最大級の暴力組織である水嶽本家の一人娘である綾女は、終戦と父の死によって突然、後継者であった兄たちが戦地から帰還するまで「代行」役となることを余儀なくされてしまいました。もともと家業を嫌って教師となったのに、敵対勢力の襲撃で親しい人々を失ったことが、彼女の復讐心に火をつけたのです。

 

綾女は極道として天性の才能を有していました。壮絶な焼き討ちで敵対勢力を一掃して、身内の裏切り者を冷酷に処刑。組織を近代的な会社組織へと変貌させて、大物政治家を懐柔し、さらにはGHQと手を組んで、瞬く間に首都を支配する巨大勢力へとのし上がっていきます。その一方で義母や実兄などの身内との陰惨な闘いや、愛する者の喪失を繰り返す中で、ヒロポンで気力を奮い立たせてきた綾女の心身は蝕まれていくのでした。

 

明らかにモデルがいる大物政治家たちや、戦後日本を彩った芸能人たちの存在は物語に色を添えますが、彼らと黒い勢力との関係はどこまでが実話なのでしょう。そもそも著者が本書を書いたのは、占領下の日本で全アメリカ人の給料の170%もの金が本国に送金されていたとか、朝鮮戦争の際に元日本兵を戦闘員として供出させられたなどの、GHQによる日本搾取の実態を書きたかったからだと述べています。

 

リボルバー・リリー』や『赤刃』と比較すると市街戦の描写は控えめですが、陰謀と復讐にまみれたダークヒロインの物語は、戦後日本における暴力団と政治家とGHQの暗い関係を見事に描き出しました。エルロイやウィンズロウを彷彿とさせる作品です。

 

2024/2

廉太郎ノオト(谷津矢車)

これまで江戸時代を主戦場としてユニークな人物像を造形してきた著者が、「明治日本に西洋音楽を響かせることを夢見た早逝の天才の軌跡」を描き出しました。本書の主人公は「荒城の月」や「花」や「箱根八里」などの歌曲や「お正月」や「鳩ぽっぽ」や「雪やこんこん」などの唱歌で知られる滝廉太郎です。

 

1879年(明治12年)に旧豊後国日出藩の家老の家に生まれた廉太郎が、早くから音楽に関心を抱いていたのは、やはり結核で早逝した姉の影響だったのでしょうか。15歳で上京して東京音楽学校に入学。幸田延や橘糸重やケーベルに付いてピアノを専攻。本書では、幸田延の妹で1才年長の天才ヴァイオリストであった幸田幸を終生のライバルとして切磋琢磨し合ったことを軸にして、廉太郎の成長を描いています。後に廉太郎が作曲した多くの唱歌を作詞した東くめは、幸田幸の同級生ですね。

 

ドイツ留学の最中に結核を発病し、帰国後まもなく24歳の若さで亡くなってしまいましたが、西洋音楽を消化して日本に根付かせた廉太郎の功績は小さくありません。彼の後には声楽家三浦環や、伊沢修二山田耕筰中山晋平などの作曲家が続くのですから。

 

本書は2021年の第66回青少年読書感想文コンクールの課題図書に選ばれています。確かに「天才とは天井を破る者」とかの表現や、ライバル幸田幸との男女の垣根を越えた友情など、中高生に響く本でもあるのですが、著者はそんなことを意識して書いた訳ではないのでしょう。ただし多感な時期の青年の生涯から、恋愛という大きな要素を取り除いてしまったことは、少々不憫に感じてしまいます。

 

2024/2

書架の探偵、貸出中(ジーン・ウルフ)

『書架の探偵』の続編にあたるSFミステリです。主人公は前作と同様に、生前は推理作家であったE・A・スミス。オリジナルの人格と記憶を継承して複製された彼はクローンであって、単なる記憶媒体ではありません。呼吸も食事も排泄もセックスもする生きた人間であり、独立したアイデンティティを有しています。それでも彼の身分は図書館の蔵書と同じなのです。書架に居場所を与えられて利用者に貸し出されることを待ち望み、利用頻度が低下すれば焼却処分が待ち受けています。いわばテクノロジーが産み落とした奴隷といえるでしょう。そのあたりは前作よりも踏み込んだ記述がされています。

 

今回スミスは、同じ境遇の料理本作家リリーとロマンス作家ローズと一緒に、図書館間相互貸借の制度によって、海沿いの村の図書館に移送されました。精神を病んだ母親と暮らす少女チャンドラに借り出され、何年も前に姿を消した彼女の父親探しを頼まれるのですが、手がかりは解剖学教授だった父親が残した革装の本に貼り付けられた「死体の島」の地図だけ。それでも彼らは生きている父親を発見。しかもリリーとローズを借り出していたのは父親だったのです。

 

極寒の島に保存されている「生き返る死体」や、母親の寝室に忍び込む黒い影や、熱帯雨林のような場所へと通じる鋼鉄のドアや、勝手に増殖する家など、オカルト的なガジェットも登場しますが、これらは科学的な発明品なのでしょう。そういえば前作でも火星が舞台になっていました。しかし著者の死によって本書は未完のままで終わってしまいます。熱烈なファンにとっては遺稿の断片でも貴重なのでしょうが、一般読者を対象に未完本を出版するのはどうなのでしょう。確かに「未完の遺作」と紹介されてはいたのですが、全体のプロットくらいは完成しているものだとばかり思っていました。さすがにこの本はお薦めできません。

 

2024/2

マルドゥック・アノニマス 8(冲方丁)

第7巻の冒頭に置かれた葬儀の場面に至る過程が綴られる本巻では、シティを支配する「シザーズ」による精神支配から逃れて独立勢力となったハンターと、「シザーズ」の手先となって「クインテット」を離脱したマックスウェルとの壮絶な死闘が描かれます。

 

ハンター側のエンハンサーは直属の「クインテット」に加えて、治癒再生能力を有するホスピタルを中心とする「ガーディアンズ」、何度も死地をかいくぐってきた「ウォーウィッチ」の魔女たち、武器密売グループの「プラトゥーン」、ギャングあがりの「シャドウズ」、肉体強化を極めた「ビリークラブ」、海を支配する「マリーン・ブラインダーズ」、探索に優れた「スネークハント」、変身のプロである「クライドスコープ」、そして「カトル・カール」の生き残りで電子戦を得意とするスケアクロウ

 

マックスウェル側のエンハンサーは、睡眠障害で人々を操るサディアス・ガッターや電子戦のプロであるリックを擁する「Mの子たち」、昆虫と毒を操る「ポイズンスカッド」、シェイプシフター集団である「ミートワゴン」ら、そして彼らを操るのは「シザーズ」の要人であるネルソン・フリート市会議員。シティへの労働力供給源であるマルセル島を舞台とする異能力者らの総力戦は迫力十分でしたが、勝利者となったのはハンターでした。共感能力で支配したネルソンの後継者としてハンターが市会議員に就任したことは、前巻の冒頭シーンで綴られていましたね。権力の座に一歩近づいたハンターの闘いの舞台は、政治・経済・法律の分野にレベルアップしていくのでしょう。その一方で「シザーズ」の女王であるナタリア・ボイルドへの接近を試みようとしています。それにしても登場人物が多すぎる!

 

総力戦の過程でホスピタルが指導者としての優れた能力を見せたこと。エンハンサーの異能を移植してダブルギフトの持ち主にできること。能力を奪われたエンハンサーは廃人となってしまうこと。ハンターの腹心であるバジルとシルヴィアが微笑ましい相思相愛関係となったこと。「シザーズ」メンバーの末路は「女王の宮殿」か「虚無の海」であること。仲間を失った「シャドウズ」のジェイクがハンターの手先としてバロットに保護を求めたこと。かつて妻子を惨殺されたモーモント議員が「イースターズ・オフィス」と「薬害集団訴訟」サイドの政治家として再起を果たしたこと。こういった事柄は後に重要な意味を有してきそうです。

 

本巻のラストは、前巻冒頭の葬儀シーンに立ち戻ります。葬られた人物は明らかにされますが、なぜバロットは犯人との容疑をかけられているのか。彼女は聴衆の前で何を語るのか。次巻では物語が大きく展開していきそうです。本巻では出番が少なかったバロットの活躍シーンも見たいですし。

 

2024/2

ミセス・ハリス、ニューヨークへ行く(ポール・ギャリコ)

著者はロンドンの寡婦で通いの家政婦をしている「ミセス・ハリス」が気に入ったようで、彼女を主人公とするシリーズを4作書いています。本書は『ミセス・ハリス、パリへ行く』に続く第2作です。

 

パリから帰ってきて普通の生活に戻ったハリスおばさんには、気がかりなことがありました。それは隣の部屋に住む家族が、里子のヘンリー少年を虐待していること。少年の両親は離婚しており、母親は息子を里子に出したまま再婚して音信不通。米兵であった父親も帰国した後に行方不明になっています。おせっかいにも少年をアメリカにいる実の父に会わせてあげたいと思っていたハリスおばさんに、その機会が訪れました。彼女の顧客である社長夫妻がニューヨークに転勤することになって、ハリスおばさんを連れていきたいというのです。

 

思い立ったら止まらないハリスおばさんは、親友で料理上手なバターフィールドおばさんと一緒に、なんとヘンリーを密航させようとするんですね。ごった返しているイギリスの港は難なくクリアし、船員も手玉に取ることができたものの、厳しいニューヨークの入国検査官をクリアすることなど可能なのでしょうか。パリで知り合ったシャサニュ侯爵がアメリカ大使に任命され、同じ船に乗っていることを知るのですが・・。

 

パリでディオールのドレスを購入した時と同様、ハリスおばさんの人柄と熱意が次々と奇跡を起こしてしまう物語です。しかも彼女のせいで面倒に巻き込まれた人たちも幸福になるという、おとぎ話レベルのハッピーエンド物語ですが、すべて「信じる力」がなせる業なのでしょう。「老いらくの恋」すら予感させてくれますが、そちらはどうなるのでしょうか。

 

2024/2

ミセス・ハリス、パリへ行く(ポール・ギャリコ)

一昨年に見た「ミセス・ハリス、パリへ行く」というほのぼのとした映画には原作があったのですね。1958年に書かれて、邦訳は1979年に出版されています。今般新訳が出たので手に取ってみました。

 

ストーリーはシンプルです。1950年代のロンドン。60歳になろうとしている寡婦で通いの家政婦としてつましく暮らしているハリスおばさんが、裕福な顧客の衣装戸棚でふるえるほどに美しいクリスチャン・ディオールのドレスに出会います。まるで魔術にかけられたように魅せられてしまったハリスおばさんは、彼女の年収に匹敵する450ポンドものドレスを買うことを決意。必死でお金を貯めて、パリへドレスを買いに行くという物語。

 

お金を貯める経緯もさることながら、本書の真骨頂はハリスおばさんのパリ体験です。当時オートクチュールのドレスは、お店でポンと買うなんてことはできません。メゾンで開かれるプライベートなファッションショーに招待された者が、気に入ったドレスを一着ずつ仕立ててもらうものでした。そんなルールも知らないハリスおばさんは、やっと訪れたディオールの店で途方に暮れてしまうのですが・・。

 

しかし彼女の率直な人柄と一途な思いとが奇跡を起こします。しかも彼女と関わった人々にまで幸福を招いてしまうのですから、もはや恩寵レベル。昇進の機会を逃し続けて鬱屈している夫のことを気にかけているディオール支配人のマダム・コルベール。虚構の世界に幻滅しているトップモデルのナターシャ嬢。彼女に叶わぬ恋心を抱いてしまったフォーベル君。孤独な余生をおくっているシャサニュ侯爵。ディオールのお針子さんたちも皆、ハリスおばさんの味方になってしまうのです。

 

映画は原作にほぼ忠実に作られていますが、ラストシーンだけが大きく変えられていました。せっかく手に入れたドレスは、人生をみくびっている駆け出し女優に親切にしたせいでダメになってしまうのですが、その後が違うのです。一晩泣いた後で、見知らぬ人たちと心を通わせた素晴らしい体験のほうがドレスより貴重だと気付く原作のほうが好みです。まだファッションが大衆化される前、何を着るのかが自己表現の手段だった時代のおとぎ話でした。

 

2024/2