りぼんの読書ノート

Yahooブログから移行してきた読書ノートです

三体X 観想之宙(宝樹 バオ・シュー)

本書を著した時、著者はまだ学生でした。空前のスケールで宇宙の終末と再生を描いた『三体シリーズ3部作(劉慈欣)』の終了ロスに耐えかねて『三体第3部 死神永生』で描かれなかった「空白部分とその後」について勝手に書きあげたのが本書です。決して続編ではなく、ありえる解釈のひとつにすぎないとのことで「X」と題したとのことですが、後に劉慈欣から公式外伝として認められたのこと。確かに強引な点も目立つものの優れたSF作品として成立しています。

 

「時の内側の過去」

程心と関一帆が乗り込んだ宇宙船は、光速が著しく低速化される暗黒領域に飲み込まれてしまい、雲天明とAAが待つ青色惑星にたどり着くのは1890万年後。恋人と2度と再会できない運命を受け入れた天明は、AAと生涯をすごすことを誓います。三体人に虜となってからの経緯を語る雲天明に対して、AAは彼女自身の驚くべき秘密を語り始めます。実は彼女はクローンであり、そのオリジナル人格は少女時代に天明と出会っていたというのです。雲天明に星を買うアイデアをもたらしたのはAAのオリジナル人格であった薇薇(ウェイウェイ)であり、星を贈られた程心を覚醒させたのはAAだったのでした。彼女は単なる脇役ではなかったのですね。

 

茶の湯会談」

共に生涯をすごしたAAが安らかに亡くなった後、自らも死を迎えようとしていた雲天明の前に姿を現したのは智子でした。しかしここに登場した智子は、三体文明が創造した11次元AI量子のボディではありません。かつて天明が宇宙空間で瞬間的に遭遇した「マスター」の使徒だったのです。彼女は天明に、十次元宇宙の永遠の存在であった「マスター」に反逆して、宇宙を低次元化させてきた「潜伏者」を捜索するタスクを与え、彼に小宇宙を与えます。潜伏者を葬った暁には次元逆転が起こり、時を持たない十次元宇宙が復活するというのですが・・。確かに、後に程心と関一帆に与えられた小宇宙は、三体文明の限界を超えているように思えたには事実です。しかし智子の外見は、天明が心惹かれていた20世紀日本のAV女優だったとは!

 

「天蕚」

かつて三体文明の母星を超新星と化し、太陽系を二次元化した「歌い手」の世界にも、ついに終末が訪れようとしています。「マスター」が放った「捜索者」によって発見されたのは「潜伏者=反逆者=創世神」の世界なのでしょうか。神々の戦いにおいて裏の裏の裏を読み切ったのは、欺瞞を得意とする低エントロピー体にすぎない人類出身の「捜索者」だったのです。

 

「終章プロヴァンス

マスターによって次元逆転が起こりはじめた宇宙の片隅で、大収縮に備える呼びかけで小宇宙の外に出た程心と関一帆は、思いがけない出会いを果たします。人類最初の「捜索者」であったビザンチン帝国の娼婦ディオレナの故郷プロヴァンスに似せた記憶から生まれた世界で、程心は智子から思いがけない話を聞かされます。彼女が小宇宙に残した5kgの漂流瓶には、宇宙の再現を歪めるというのですが・・。

 

「終章以後 深宇宙に関するノート」

幾度目かの低次元化が繰り返された時代、失われた5kgの質量は、登場人物たちの運命を歪めていくようです。漂流瓶に残された記憶によって残された智子は、前世で三体世界の虜囚として鍛えられた雲天明の前に現れて宇宙の秘密を語ります。やがて彼は「劉慈欣」というペンネームを用いて物語を綴り始めるのでした。

 

2023/2

紅霞後宮物語 第14幕(雪村花菜)

シリーズ最終巻を手に取って驚きました。文庫200ページ程度の分量でしかないのです。これだけで、大きく広がった大河小説を終わらせることなど可能なのでしょうか。もちろん心配は不要です。少々強引な点も見受けられますが、著者は多くの脇役たちの物語にも決着をつけてくれました。今から思うと、波乱万丈の物語は前巻で終了しており、本書は長いエピローグのようなものなのです。わらに多くの物語を展開させることは可能なのでしょうが、著者はこれで十分と判断したのでしょう。

 

小玉を追い落とそうとした仙蛾が自殺してから7年。彼女が遺した帝姫の令月の養育を続けた日々は、そのまま、小玉が文林の皇后に復活するために費やされました。そして再び夫婦となった小玉と文林は円熟した夫婦関係を築いていくのですが、大宸帝国の皇帝として激務を続ける文林には確実に老いの陰が迫っていたのです。そして迎える文林の死。世代はめぐり、すべてが然るべき姿へと変わっていく中で、小玉はどこに向かうのでしょう。

 

寛の帝と、勝手に康に帰国して女王となった梨后による隣国どうしの諍いも、2人が老いていく中で鎮静化していきましたが、2人とも自然死というわけにはいきませんでした。どちらも死んだはずの人物である、寛の後宮から陰謀によって追われた桃と、自ら犯した罪で宸の皇太子の座を失った鳳は、義母と婿という不思議な関係になり、賢明にも庶人としての生を全うしたのでしょう。宸国では小玉に養育された次男の鴻が即位し、後宮も代替わりしていく中で、小玉の信奉者であった真桂は明るく姿を消しましたが、もうひとりの信奉者であり、玲月を弟である馮王の妃に迎えた紅燕には新しい人生が開けたようです。

 

「紅霞=夕焼け」に例えられた後宮は、美しく見えてもあとは暗くなるだけの、人を不幸にする場所だと知り抜いた小玉は、新たに生まれた命に「暁白=あけぼの」と名付けます。壮大な物語にふさわしい幕切れでした。著者はこの物語を書ききったのでしょうが、時折はスピンアウトでも出してくれれば楽しく読ませていただきます。

 

2023/2

 

獄中シェイクスピア劇団(マーガレット・アトウッド)

世界のベストセラー作家が、シェイクスピアの名作を語りなおすシリーズが出版されています。その第1弾である本書は、カナダを代表するアトウッドによる『テンペスト』の現代版。

 

妖精たちを従えて孤島で復讐心に燃える魔術師プロスペローは、舞台芸術監督のフェリックス。民族遺産大臣のサルと組んだ腹心の部下トニーに裏切られ、名門劇団から追われたフェリックスは、失意のどん底で復讐を誓います。幼くして病死した愛娘ミランダの存在を夢想し続けながら、岩屋のような掘っ立て小屋に流れ着き、やがて刑務所の更生プログラムの講師となって服役中のメンバーにシェイクスピア劇を指導。そして12年後、ついに復讐の機会が訪れます。出世を重ねていたトニーとサルが刑務所の劇団を視察に来るというのです。彼の復讐劇はどのようなものになるのでしょう。

 

プロスペローに従う精霊エアリアルや怪物キャリバーンに扮するのは個性的な服役者たち。プロスペローの娘ミランダはダブルキャストです。ひとりはフェリックスの夢想の中に住む娘ミランダであり、もうひとりはフェリックスの失墜によってメジャーデビュー機会を失っていた女優のアン・マリー。ナポリ大公の息子と恋に落ちるのは生身の女性でないと無理ですからね。

 

テンペスト』は単なる復讐劇ではなく、「牢獄」から解き放たれる物語でもあります。他者に囚われた牢獄、自ら閉じこもった牢獄、牢獄であることを気付かせない牢獄・・。「set me free」というセリフで終わるオリジナル作品には9種類の牢獄が登場するというのですが、本書の登場人物たちはそれぞれの「牢」から解放されることになるのでしょうか。本書のラストシーンは、フェリックスが愛娘ミランダを自らの夢想から大気の中に解き放つ場面であることだけは記しておきましょう。

 

テンペスト』には答えの出ていない問いが多く含まれているのですが、服役者たちに劇中人物たちの「その後」をプレゼンさせる最終課題が秀逸です。そのそれぞれが「新解釈」として成立しているのですから。そういえば「獄中シェイクスピア劇団」の登場人物たちの「その後」もわかりません。アン・マリーは女優としてブレイクできるのでしょうか。エアリアルを演じた天才ブラックハッカーや、キャリバーンを演じた元軍人の暴行犯や、簒奪者たちを演じた詐欺師や麻薬密売者や、道化を演じた移民の万引きグループリーダーたちは、出所後にそれぞれの夢に向かっていくことになるのでしょうか。多義的な批判精神を入り組んだ入れ子構造に押し込めた作品ですが、決して難解ではありません。非常に楽しい作品でした。

 

2023/2

旅は道づれきりきり舞い(諸田玲子)

稀代の奇人である十返舎一九を父に持つ舞を主人公に据えた『きりきり舞い』シリーズの第3弾。「東海道中膝栗毛」で大当たりを取った一九ですが、中風を患った後は全く書けない状態が続いています。版元から金を借りての大散財も限界なのですが、本人は全く気にしていない様子。一九の周辺に集まるメンバーも奇人揃い。絵を描くこと以外には興味を示さない北斎の娘で偏屈者のお栄も、転がり込んできます。もっとも舞だって、一九の押しかけ弟子となった無収入の今井尚武と結婚を決めたのだから、常人の感覚ではやっていけないのでしょう。

 

毎日唱える「奇人、気まぐれ、きりきり舞い」との奇人封じの呪文もいっこうに効き目がなく、舞と尚武の祝言もめちゃくちゃになってしまいます。その席に現れた見知らぬ老人はいったい何者なのでしょう。かと思えば一晩で五十両もの散財をして幼い息子を売るはめに陥ってしまったり、輿入れ前の姫様を預かる約束をしてしまったり、舞は相も変わらず、奇人変人たちが巻き起こす大騒動の後始末ばかり。

 

そんな中、奉公に出ていた舞の兄、市次郎が一九の故郷の駿河府中で自分の店を開くことになり、一九たちを招待。江戸から府中の東海道四十四里を一行は旅することになるのですが、どんな珍道中となるのでしょう。そして道中に現れた偽一九とはいったい何者なのでしょう。一九と偽一九は「東海道中膝栗毛」の芝居に役者として登場することになってしまうのですが・・。

 

一九の複雑な前半生から派生したエピソードで締めた本書は、単なる江戸人情物語の枠に収まってはいませんね。第2巻『相も変わらずきりきり舞い』で終わりかと思ったシリーズですが、今後も続いて欲しいものです。

 

2023/2

2023/1 Best 3

1.三体3 死神永生 上下(劉慈欣 リウ・ツーシン)

「三体シリーズ3部作」の最終巻は、宇宙の熱的死と再生への希望までを描く壮大な物語でした。小説的には読者を暗中模索状態に誘い込む第1部が優れているのですが、著者が本当に書きたかったのは本書であるように思えます。第2部で示された「黒暗森林」よりもさらに高次元の「宇宙の暗い秘密」とは、いったい何だったのでしょう。本書は、イーガンの『ディアスポラ』レベルの壮大なスケールを有する物語であるとだけ言っておきましょう。

 

2.三体2 暗黒森林 上下(劉慈欣 リウ・ツーシン)

三体文明による地球侵略まで人類に残された時間は420年。最後の希望として「面壁計画」を準備したものの、4人の「面壁者」のうち3人までもが三体協会の「破壁者」によって無力化されたしまいます。最後の一人となった羅輯(ルオ・ジー)が宇宙に投げかけた「呪文」は、効力を発揮するのでしょうか。宇宙と文明に関する2つの公理と、2つの重要な概念から導き出された「暗黒森林理論」とは、どのようなものなのでしょう。全3部作の第2部でありながら、大きなクライマックスとなっている作品です。

 

3.あちらにいる鬼(井上荒野

父親の井上光晴瀬戸内寂聴の不倫関係を、寂聴と妻・郁子の視点から描き出した衝撃作です。なんといっても著者は井上光晴の長女なのですから。当事者であった寂聴によって絶賛された本書は、2人の作家の不倫関係をどのように描き出したのでしょう。そして寂聴と郁子の不思議な交流関係は、何によってもたらされたものなのでしょう。豊川悦司寺島しのぶ広末涼子の主演で映画化された作品です。

 

【次点】

・魂手形 三島屋変調百物語七之続(宮部みゆき

・すべての月、すべての年(ルシア・ベルリン)

・黛家の兄弟(砂原浩太朗)

 

【その他今月読んだ本】

・四畳半タイムマシンブルース(森見登美彦(原案:上田誠))

・保健室のアン・ウニョン先生(チョン・セラン)

・朱より赤く(窪美澄

・年月日(閻連科)

・約束の果て(高丘哲次)

・興亡の世界史15.東インド会社とアジアの海(青柳正規編/羽田正著)

・東欧の想像力(奥彩子/編)

・週末沖縄でちょっとゆるり(下川裕治

レジェンドアニメ!(辻村深月

・サハマンション(チョ・ナムジュ)

・未踏の蒼穹(ジェイムズ・ホーガン)

・刀と算盤 馬律流青春雙六(谷津矢車)

・三人孫市(谷津矢車)

・名前探しの放課後(辻村深月

・最後の大君(スコット・フィッツジェラルド

・興亡の世界史16.大英帝国という経験(青柳正規編/井野瀬久美惠著)

・最初の接触 伊藤典夫翻訳SF傑作選(高橋良平/編)

 

2023/1/31

最初の接触 伊藤典夫翻訳SF傑作選(高橋良平/編)

日本にSFを根付かせたのは、1959年に創刊された「SFマガジン」です。当時の名翻訳家・伊藤典夫が惚れこみ翻訳した宇宙SFの中から、SF評論の第一人者である高橋良平氏が7篇を厳選したアンソロジーです。

 

「最初の接触マレイ・ラインスター

地球の宇宙船が外宇宙で遭遇した漆黒の異星船は、敵なのでしょうか。ひとつ誤れば地球文明の滅亡を招きかねない最初の接触においては、相手が友好的であるとの仮定はあまりに危険です。しかしそれは、相手にとっても同じことなのでした。『三体』シリーズの「黒暗森林理論」を知った現代においては、まだまだ牧歌的な世界です。

「生存者」ジョン・ウインダム

危険な火星航路でトラブル発生。数カ月先にようやく訪れた救援隊が発見した生存者は、精神に錯乱を来した女性と、彼女が宇宙船内で産み落とした幼児だったのです。彼女は食料不足の中で、どのように生き延びてきたのでしょう。

 

「コモン・タイム」ジェイムズ・ブリッシュ

光速を超える宇宙船の中での時間が地球時間とは異なることは、相対性理論によって証明されています。しかし生身の人体と精神に対して、それはダメージを及ぼさないのでしょうか。仮死状態で帰還した宇宙飛行士は何を体験したのでしょう。

 

「キャプテンの娘」フィリップ・ホセ・ファーマー

他者との交流を拒む特殊な宗教共同体には、どのような秘密が隠されていたのでしょう。宇宙生物による寄生は『人形使いハインライン)』などの作品でもお馴染みですが、本書のケースはあまりにグロテスクです。

 

「宇宙病院」ジェイムズ・ホワイト

銀河系の果てにある宇宙病院には、今日もまた風変わりな宇宙人医師と宇宙人患者が訪れています。しぼんだスモモのような外見ながらテレパシー能力を有する医師は、巨大な恐竜のような生物に空中浮揚能力を与えようとしているのですが・・。

 

「楽園への切符」デーモン・ナイト

映画「スターゲイト」の前身のような作品です。古代の宇宙種族が設置した、行先不明のゲイトは訪問者をどこに導くのでしょう。

 

「救いの手」ポール・アンダースン

宇宙における超先進文明を築き上げた地球人は、貧しく荒廃した星に平和と繁栄をもたらす科学文明を伝導する博愛的な使命を帯びています。しかしそれを受け入れた星では何が起こったのでしょう。なぜある星の賢人は、善意の贈り物を拒んだのでしょう。地球を画一化した西欧文明への批判が込められている作品です。

 

2023/1

興亡の世界史16.大英帝国という経験(青柳正規編/井野瀬久美惠著)

大英帝国時代の前史であった『東インド会社とアジアの海』に続く本書は、現在のイギリスにも色濃く影を落とす「大英帝国というアイデンティティ」を綴っていきます。女王、紅茶、万博、大英博物館ボーイスカウト奴隷貿易廃止運動、レディトラベラーなど。それらはなぜ大英帝国で生まれ、大英帝国の全盛期を支え、大英帝国衰退後の現代にも多大な影響を振るい続けているのでしょう。

 

アイルランド統治体験は世界帝国となる前の実験場でした。1169年のノルマン人侵攻に始まるアイルランド支配は、12世紀から17世紀にかけての複雑な支配と搾取の体系を経て、1689年のボイン川の戦いを契機とした英国併合によって完成されます。イングランドの過酷な統治はアイルランド経済を停滞させ、1840年代のジャガイモ飢饉では飢餓と移民によって人口が半減するほどのダメージを与えます。イギリスに併合された後に一定の繁栄を享受しえたスコットランドと対照的ですが、土地収奪と搾取による統治の失敗例なのでしょう。これ以降、議会と英国国教会による統治が基本政策となっていきます。

 

その統治政策を転換させたのは、フランスに対する7年戦争に勝利して北米大陸の覇権を握った直後に起こったアメリカ喪失でした。著者はアメリカ独立は市民革命であったと述べています。イングランドの直接支配や重税を忌避し、市民の権利と自由を謳いあげたアメリカ独立宣言が、大英帝国の「間接統治方式」への転換を促すことになります。そうして生まれたのが、カナダ、オセアニア、インド、アフリカ、南米、中国、アジアへと広がる「自由貿易の帝国」であり、その過程で、冒頭に列挙した「大英帝国というアイデンティティ」を象徴する諸概念も育まれていったわけです。

 

しかし繁栄した帝国もやがては衰退せざるをえません。直接的には20世紀の2度の大戦が大英帝国を崩壊させるのですが、それ以前の南アフリカ戦争や中東政策の混乱は「間接統治方式の限界」を象徴する事件だったのでしょう。前世紀に機能した統治政策は、20世紀に台頭した民族主義に対応できなかっただけです。大英帝国の跡を継いだアメリカ世界帝国の時代も揺らぎ始めた中で、大英帝国の名残である「英連邦王国および王室属領・海外領土」は、在位70年を超えた大女王を失った後に、どのように変貌していくのでしょうか。

 

余談ながら映画「風と共に去りぬ」の原作は、ボイン川の敗戦の民族的記憶をとどめてアメリカ南部に渡ったアイルランド移民の物語から始まるとのこと。プロテスタント北軍に蹂躙された大地に立って再起を誓うスカーレット・オハラの姿は、イングランドに併合されたアイルランド人の嘆きに重なっているのです。

2023/1