りぼんの読書ノート

Yahooブログから移行してきた読書ノートです

しゃばけ19 いちねんかん(畠中恵)

f:id:wakiabc:20210622122315j:plain

このシリーズもこれで19作め。江戸で廻船問屋と薬種問屋を営む大店長崎屋のご主人夫婦が、はるばる九州の別府まで1年間の湯治にいくことになりました。これは病弱な若だんな・一太郎の跡取り修行ということなのでしょうか。店を託された一太郎は張り切るのですが・・。

 

「いちねんかん」

一太郎は携帯用の薬袋という新商品を売り出そうと考えます。もう若くはない大番頭は、その売り上げを隠居金に充ててもらおうと大乗り気。知り合いの町名主に相談するのですが。その手代は相当の食わせ者だったのです。一太郎損切り判断が見事でした。これは跡取り修行になったかも?

 

「ほうこうにん」

できるだけ店表に出るという一太郎に付き添わせるために、手代の仁吉と佐助は、貧乏神の金次と付喪神の屏風のぞきを奉公人として働かせることにしました。ところがそこに詐欺師が登場。貧乏神が苦手とする人物とは、どのような者なのでしょう。もちろん最後は一太郎の機転が妖たちの鬱憤を晴らしますが、どうも損ばかりしているようですね。

 

「おにきたる」

上方で病を流行らせた疫病神と疫鬼が江戸に登場。荼枳尼天の庭で取れた生薬に守られた一太郎はともかく、このままでは江戸が大変なことになってしまいます。知り合いの大国主命にお参りに行った一太郎は、そこで全ての禍を司るという大禍津日神に出会います。新型コロナ禍のもとで書かれた作品なのでしょう。パンデミックもこのように退散させられれば良いのですが、現実の疫病に神頼みは無力のようです。

 

「ともをえる」

上方で大きな商いをしている椿紀屋の江戸店に招かれた一太郎は、意外な頼み事をされてしまいます。流行病で長男を亡くした椿紀屋は娘に婿を迎えて跡取りにすることとして、その候補者の人選をして欲しいというのです。長崎屋の薬が効いたことからの縁ですね。一太郎はどのようにして候補者たちの人物を見極めるのでしょう。

 

「帰宅」

ようやく1年がたち両親の帰宅も近づきましたが、大店の旦那集の間では物騒な噂が出ていました。店の小僧たちに湯屋で接近してきた者たちが賊ではないかというのです。そして仁助や佐吉が不在の間に、長崎屋が襲撃されてしまいます。店にいたのは一太郎と非力な妖たちだけ。まさか鳴屋が戦えるとは思えませんが、大丈夫なのでしょうか。どうやら金次と屏風のぞきは、この後も奉公を続けることになりそうですが、そっちの方が危険かもしれませんね。

 

2021/7

 

フォックスファイア(ジョイス・キャロル・オーツ)

f:id:wakiabc:20210622122156j:plain

1938年に生まれてノーベル文学賞の候補とまでなった著者が1990年に著した作品です。しかし本を構えて読む必要はありません。1950年代のアメリカの小都市で、虐げられた少女たちが秘密のグループを作って不条理な世間に立ち向かっていく物語なのですから。

 

圧倒的な存在感を見せるカリスマリーダーのレッグスが、4人の仲間を集めて少女ギャング団「フォックスファイア」を結成する経緯から物語は始まります。レッグズを含めた5人の少女たちは皆、DVやセクハラやイジメの標的となっている社会的弱者ばかり。当時流行していた不良少年たちのギャング団を真似たスタイルですが、中身は大違い。セクハラ教師や商店主に復讐したり、彼女たちをセックスの対象としか見ない少年グループと張り合ったりという、男社会の論理に歯向かう少女たちの戦いは痛快です。中性的なリーダーのレッグズ、無頼派ゴールディ、モデル体型のラナ、元いじめられっ子の可愛いリタ、本書の語り手である優等生モディという構成も、そのまま現代の少女戦隊メンバーになりそうなほどに魅力的。

 

しかし彼女たちの活動は次第に変質していくのです。女子矯正施設で過酷な体験をさせられたレッグズの悲願は、メンバーたちが同居できる家を持つことでしたが、そのためには資金が必要です。そのための活動が美人局のレベルであったうちはまだ表沙汰になることはありませんでしたが、この種の活動がエスカレートしていかないわけはありません。しかもメンバーの数も増えたことで、内部の不協和音も生まれてきます。物語は破滅へと向かっていくのですが、一転して余韻を漂わせるエンディングに・・。

 

本書は2度映画化されていますが、最初の1996年版では、当時20歳のアンジェリーナ・ジョリーがレッグズを演じたとのこと。すっかりセレブとなってしまった現在からは想像できませんが、実際に壮絶な少女時代をおくっていたというアンジは適役だったのではないでしょうか。

 

2021/7

 

鬼龍院花子の生涯(宮尾登美子)

f:id:wakiabc:20210622122050j:plain

夏目雅子の「なめたらいかんぜよ!」で有名な作品ですが、未見だったせいで完全に誤解をしていました。夏目雅子が演じたのが鬼龍院花子であり、当然のことに本書の主人公も花子なのだろうと思っていたのです。本書の実質的な主人公は花子の父である土佐の侠客・鬼龍院政五郎(鬼政)であり、夏目雅子が演じたのは本書の語り手である鬼政の養女・松恵でした。

 

大坂の著名な侠客の子分となっていた政五郎が、故郷の高知に戻って一家の看板を掲げたのは大正時代の初期のこと。まだ珍しかった飛行機を飛ばして見せたり、相撲や浪曲の興行を招いたりして地元での人気を高め、警察や政治家とも関係を持って気勢を上げていきます。当時まだ他の組織の傘下にあった神戸の山口組とも対等の関係を築き上げ、表層的ながら労働運動にも肩入れした鬼政一家に、地元の堅気の家に育った松恵が養女として貰われたのは12歳の時のこと。それ以来彼女は、鬼政から自由になるための苦闘を重ねながら、一家の栄枯盛衰を見極めていくことになるのでした。

 

その数年後に鬼政の妾つるが花子を生みます。将来の妾候補としか思われていなかった松恵と対照的に、甘やかされ放題に育てられた花子は、派手好みで自己中心的で自主性のない娘になっていきます。剛毅果断でどぎつい鬼政を陽画(ポジ)とするなら、花子は陰画(ネガ)のようなもの。やがて宿敵の荒磯一家と共倒れとなる死闘の末に鬼政一家が壊滅してしまうと、花子は流転の果てに落剝していくしかありません。しかし既に自由の身になっていた松恵は、花子の死に涙するのです。

 

鬼政にはモデルがいるとのこと。著者はそこに、芸妓紹介業を営んでいた自身の養父・岩伍のイメージを重ね合わせていったのでしょう。鬼政の養女という運命から逃れるために教師の道を選んだ松恵には、もちろん著者自身が投影されています。ちなみに映画で有名な「なめたらいかんぜよ!」でのセリフは、原作にはありませんでした。最後まで松恵との結婚を認めてくれなかった夫の父親のもとから、愛した夫の遺骨を奪い取ってくる場面に書き加えられた言葉だそうです。

 

2021/7

 

たゆたえども沈まず(原田マハ)

f:id:wakiabc:20210622121942j:plain

明治初期に渡仏し、パリを拠点として日本美術品を売りさばいたことでジャポニズムの機運を高めた画商・林忠正が、ゴッホと出会っていたのではないかという想定のもとに書かれた作品です。当時ようやく売れ始めたばかりの印象派の絵画をいち早く評価してマネとの交流もあった林ですが、ゴッホの作品を買った形跡はありません。ゴッホの作品に描かれた数々の浮世絵を見ると、ゴッホの理解者タンギーゴッホの弟テオとは画商仲間としての関係もあったでしょうから、実際はゴッホを評価していなかった可能性も高いように思えます。当時の売れ筋はモネ、ドガルノアールなどの心温まる絵画であり、ゴッホゴーギャンセザンヌなど苦悩を前面に押し出したポスト印象派の画家たちは、まだ広く理解されてはいなかったのです。

 

そのギャップを埋めるために著者は、林の助手である加納重吉という人物を創り出しました。内心ではゴッホを評価しており、ゴーギャンとの南仏行をアドバイスしたりしながらも、計算高い画商としては動けなかった林に代わって、ゴッホと弟のテオに深く寄り添ったのが重吉という設定です。しかし彼もまた、苦悩するゴッホ兄弟を救うことはできませんでした。

 

著者は、かねてよりゴッホの小説を書きたかったものの、彼の熱い生涯に気後れしていたそうです。ゴッホを直接描くのではなく、林と重吉という2人の日本人画商の視点を用いることで、孤高の天才画家の生涯が浮かび上がるようにしたのでしょう。タイトルの「たゆたえども沈まず」とは、高波が荒れ狂っても決して沈まずに嵐が去るのを待つ舟のように、したたかでしなやかな生き方をゴッホに期待した林の言葉です。そのアドバイスが生かされることはなかったのですが・・。

 

2021/7

 

ハンガーゲーム0下(スーザン・コリンズ)

f:id:wakiabc:20210622121649j:plain

コリオレーナスが教育係を務めた第12地区の少女、ルーシー・グレイはハンガーゲームで最後まで生き残り、勝利者となりました。しかし、歌で人の心を惹きつけることしかできない少女が勝利した背景には、教育係を務めたコリオレーナスの不正があったのです。そして彼の行為はすべて、宿敵の学生部長・ハイボトムに見破られていたのです。アカデミーとハンガーゲームの権威を守るために表沙汰にこそなりませんでしたが、彼に残された道は治安維持部隊に志願することだけでした。

 

将来に絶望しながら任地の第12地区へ向かったコリオレーナスは、ルーシー・グレイと再会を果たします。2人の愛は燃え上がりますが、安維持部隊の隊員と非支配地域の放浪の歌姫の関係など、あってはならないこと。苦しい思いが募るばかり。さらに彼は友人のセジャネスとも再会。地方出身でパネムの冷酷な支配体制に不満を抱いていたセジャネスも、ハンガーゲームの教育係として問題を起こしており、治安維持部隊への志願を余儀なくされていたのです。しかし彼の不満は収まることなく、新たな問題の火種となるのでした。

 

本書は、本編の悪役であったスノー大統領の若き日の物語です。理想と恋に燃える純情な青年が、なぜ冷酷非道な独裁者へと変貌してしまったのでしょう。結局彼はこの体験を通して、人間の本性は暴力的で混沌としており、整然とした支配が必要だという人生観を確立させてしまうのです。第12地区で何が起こったのか。ルーシー・グレイとの関係はどうなってしまったのか。そして彼の亡くなった父親は、ハンガーゲームとどのような関りがあったのか。ついでながら、マネシカケス誕生の謎や、首吊りの木の歌の秘密や、本編のヒロイン・カットニスの名前の意味なども明らかにされます。「エピソードゼロ」にふさわしい内容の作品でした。

 

2021/7

ハンガーゲーム0上(スーザン・コリンズ)

f:id:wakiabc:20210622121519j:plain

映画としてもヒットした『ハンガー・ゲーム3部作』の前日譚は、本編の悪役であったコリオレーナス・スノーの若き日の物語でした。文明崩壊後の北アメリカで内戦に勝利したパネムが、なぜ支配下に置かれた12の地区から選ばれた男女24人の少年少女に殺し合いをさせるようになったのか。そして絶対的権力者のスノー大統領は、どのようにして生まれたのか。物語は64年前に遡ります。

 

ネムの名門スノー家は反乱軍との内戦で財産を失い、18歳の青年であったコリオレーナスはアカデミーに通う優等生でありながら衣食にも事欠く日々をおくっていました。両親は亡くなり、身内は過去の栄光にすがりつく祖母と、やはり孤児の従姉タイガレスのみ。彼にとって大学への奨学金を手に入れることは死活問題だったのです。そんな時に彼は、ハンガーゲームの教育係に選ばれます。彼らの役割は、生贄とされる少年少女たちとペアを組んで作戦や宣伝活動を行うことなのですが、本編の時代には既に廃止されていたようです。

 

もっとも支配者側の青年と、大半が殺される運命にある非支配地区の生少年少女たちが心を通わせることなどありえません。しかもコリオレーナスが担当することになったのは、最弱の第12地区の少女であり、彼女の唯一の武器は歌うことでしかなかったのです。しかし彼は、その少女ルーシー・グレイに恋をしてしまったのです。彼女を勝利させることで奨学金と恋を手に入れようと奮闘するコリオレーナスは、上流階級の友人たちを裏切り、ルール違反すら犯してしまうのですが・・。

 

上巻を読む限りでは彼は、多少屈折しているものの正義感が強い、純真な青年でしかありません。彼はなぜ、過酷な支配者へと変貌してしまうのか。その答えは下巻にあるようです。亡き父親の旧友であったというのに、なぜかコリオレーナスを憎んでいる学生部長ハイボトムや、ハンガーゲームの責任者であるゴール博士が抱えている秘密も明らかにされていくのでしょう。

 

2021/7

中島ハルコの恋愛相談室(林真理子)

f:id:wakiabc:20210622121230j:plain

無敵のヒロイン中島ハルコを演じる大地真央と、冴えないフードライターで語り手の菊池いづみを演じる松本まりかのダブル主演でTVドラマ化されたことをきっかけに読みました。2人ともハマリ役です。

 

ホテルで偶然ハルコに出会って、その迫力と毒舌に圧倒されたいづみは、つい自分の悩みを打ち明けてしまいます。それは長年の不倫相手に300万円を貸して以来、縁遠くなってしまっていること。ハルコは言うのです「その男のことはどうでもいいけれど300万は惜しいね」と。そして「その男にはもうひとり愛人がいる」と。それがズバリ的中していたことで、いづみはハルコの言動にあきれながらも信奉していくのです。

 

そしてハルコは次々と恋愛に関わる問題をぶったぎっていくのでした。老舗菓子屋の後継者問題。東大卒出版社員女性のお見合い問題。投資会社社長の愛人が妻気取りになっている問題。娘の結婚に親が反対する問題。バツイチ女性の不感症問題。停年退職後の夫に悩む主婦の問題。逃げた不倫妻から強請られる料理店主の問題。海外成功者たちが子どもの進路に悩む問題・・。

 

「愛人がケチになったら要注意」とか、「何にも持っていない男が優しくて誠実なんて当たり前」とか、「使えるほどすごいカラダを持ってたらえらいえ」とか、「宝石こそ女の歴史」とか、「人にお金を使うのはいちばんわかりやすい誠意」などの、ハルコの一方的で厚かましい独断が、どのケースに対しても有効なのは心地よいほど。ではこんなハルコの性格はどのようにして形作られてきたのでしょう。それは本書かドラマを見てのお楽しみにとっておいてください。

 

2021/7