りぼんの読書ノート

Yahooブログから移行してきた読書ノートです

漆花ひとつ(澤田瞳子)

平安末期、武士勢力の台頭を象徴する保元・平治の乱の時期。陰りゆく貴族階級の哀しみをテーマとする連作短編集は、直木賞受賞作家の得意分野だけあって、どれもが優れた作品に仕上がっています。しかもこの時代の背景まで自ずと学べてしまう特典までついているのです。

 

「漆花ひとつ」

女性の姿を描くために鳥羽上皇も気に入っているという遊女を訪ねた画僧は、遊女からも依頼されてしまいます。それは保元の乱で討たれたはずの源義親を名乗る偽物の似せ絵を描くことでした。まさかそれが新たな事件に結びついていくとは・・。

 

「白夢」

官位も収入も男性には遠く及ばない女医が、鳥羽上皇の皇后となった藤原泰子の侍医を命じられます。40歳近くなって政略結婚をした泰子は、上皇の新旧の愛姫である待賢門院璋子と美福門院得子に対してどのような感情を抱いているのでしょう。

 

「影法師」

内親王の護衛にあたっていた滝口ノ武士を密かに慕っていた下臈女房は、その武士が友人の妻に懸想したあげく殺害してしまったなどとは信じられません。実はその事件は、未遂に終わった信西暗殺計画と関係していたのですが、結果として平治の乱という大事に至ってしまうのでした。その武士とは、やがて伊豆に流された頼朝の後を追った文覚僧正となる遠藤盛遠です。

 

「滲む月」

信西の警護にあたって討ち死にした下級武士の獄門首を取り戻しに来た妻は、信西の晒し首を奪いに来た僧と出くわします。信西の七男と名乗る僧が、彼女に助力した見返りに依頼したのは、謎めいた少年の世話をすることでした。僧の狙いは後白川上皇の権威を貶めることだったのですが・・。

 

「鴻雁北」

琵琶の二大流派の継承をめぐる騒動は、後白川上皇二条天皇の争いへと発展してしまいました。右往左往する貴族や琵琶の継承者たちに対して、そんなことは些事であると言い放ったのは平清盛でした。

 

2022/10

プロテウス・オペレーション(ジェイムズ・ホーガン)

第二次世界大戦の結果次第では、現在の世界は全く異なる様相を見せていたに違いありません。このテーマは多くのSF作家の興味を惹いたようで、先駆的な『高い塔の男(フィリップ・K・ディック)』から『ファージンシリーズ(ジョー・ウォルトン)』に至るまで、多くの作品が書かれています。ハードSFの第一人者が1987年に著した本書もその係累ですが、量子理論に基づく多次元世界や、タイムトラベルを組み合わせることで複雑な世界を描き出しています。現在では既に馴染みのある概念ですが、当時はまだ斬新なアイデアだったのでしょう。

 

1974年。ナチスドイツと日本帝国が世界の大部分を占める中で、唯一の民主政大国であるアメリカは、JFK大統領の指示によって1939年に「プロテウス」と呼ばれる秘密部隊を送り出します。もっとも20世紀にタイムマシンが作れたはずもなく、最初のマシンは21世紀の未来人によって送り込まれたもの。実は最初のタイムトラベルは21世紀のファシストが1920年代のドイツに向けて行われており、その時代のファシズムの勝利をもたらしたというのです。

 

12名の科学者や軍人からなるプロテウス部隊の任務は、英米の政治家たちに厳しい現実と未来を告げることでナチスに対する戦いを準備させることに加えて、ドイツの深奥部で稼働を続けているタイムマシンを破壊することでした。チャーチルルーズベルトアインシュタインフェルミアシモフなどの歴史的人物は、プロテウス部隊によって覚醒されるのでしょうか。そしてその結果もたらされた「改変世界」とはどのようなものなのでしょうか。

 

文庫サイズで686ページの大作だけあって、数多くのエピソードが詳細に書き込まれています。プロテウス部隊のリーダーであるクロードの正体や、彼が自ら体験するタイムパラドックスや、21世紀世界と連動してのドイツ潜入場面などは読ませどころ。個人的な好みは、SF作家の卵に過ぎなかったアシモフのアイデアが、アインシュタインをインスパイアしてタイムトラベルに関連する重大問題を解決に導かせるエピソードです。

 

2022/10

失われた岬(篠田節子)

物語の舞台となっているカムイヌフ岬とは、知床半島のようなところでしょうか。ヒグマや原生林に阻まれて陸地からの接近は不可能な岬の先端に向かう手段は漁船のみ。それも海が荒れない夏場の一時期に限られていて、浜辺から上陸することも難しいのです。

 

そんな最果ての岬を目指して失踪する人々がいます。末期癌患者のケアに尽くしてきた財閥系企業の社長令嬢の肇子。あらゆることに優れたセンスを発揮する一方で清貧感を漂わす人妻の清花。ノーベル文学賞を受賞作家の一ノ瀬・・。そこは誰にでも開かれている場所ではありません。肇子を追った青年実業家はヒグマに襲われて半身不随となり、清花を追った夫は死体となって発見されます。そして一ノ瀬を追う担当編集者の相沢の前で、岬にたどりつくための手がかりは何度も途絶えるのでした。

 

戦時中に不審な研究所があったと噂される岬は、どのような秘密を内包しているのでしょう。しかもそこは、カルト宗教やスピリチュアリズムとは無縁の場所のようなのです。フリージャーナリストの石垣と組んだ相沢は、一連の事件の真相に迫っていくのですが・・。

 

本書は人間界と自然界の関係性の根源を問う作品のようです。かつて先住民族が静謐な暮らしを営んでいた岬は、なぜ今はごく少数の選ばれた人たちしかたどり着けない場所となってしまったのか。そこは人間にとっての理想郷なのか。そこで暮らし続けることにどのような意味があるのか。2029年へと飛ぶ最終章の暗澹たる時代背景の中で、その問いは切実なものになっているようです。そして暗い近未来の状況は、間違いなく現在と陸続きにあるのです。

 

本書が示す近未来図の中では、最後に楽しく海外旅行ができたのは2019年のことでした。その後は、頻発する未知の感染症威、イデオロギー対立と経済的利害による国家間の緊張の高まり、各地での紛争やテロの勃発、異常気象などによって、国外に出ることはリスクでしかなくなってしまったというのですが・・。

 

2022/10

 

ザリガニの鳴くところ(ディーリア・オーエンズ)

1952年。ノースカロライナ州の湿地帯の掘っ立て小屋に住んでいた貧しい家族が崩壊。戦前は資産家の娘だった母親が、戦傷年金しか収入のないDV夫に耐えかねて家を出ていったのが発端でした。年上の兄や姉たちが後に続き、6歳の少女カイアは何の世話もしてくれない父親とふたりで残されてしまいます。ボートの運転や釣りを教えてくれた父親も数年後に行方をくらまし、少女はたったひとりで湿地に残されてしまいます。

 

彼女の力になってくれたのは黒人村の雑貨店主と、読み書きを教えてくれた物静かな少年テイトだけ。近在の村人たちから「湿地の少女」と蔑まれながらも力強く生き抜き、美しく成長したカイアでしたが、別れや孤独は宿命のようなもの。幼い恋心を抱いたテイトが大学進学を機に離れていった後は、生き物が自然のままに生きる「ザリガニの鳴くところ」へと思いを馳せて静かに暮らしていたのですが、村の裕福なプレイボーイ・チェイスが近づいてきます。そして1969年。チェイスが不審死体となって発見されるのですが・・。

 

物語はチェイス殺人犯の捜査が行われる1969年と、カイアの成長を追う1952年以降の時代を行き来しながら進んでいきます。カイアはチェイスを殺害した犯人なのでしょうか。彼女の未来は広がっていくのでしょうか。結末は衝撃的でしたが、まあ予想の範囲。長くアフリカでの調査研究活動に携わり、ノンフィクションの著書も出している野生動物学者の著者が、出身地を舞台として書いた小説ですので、自然界の描写は完璧なのですが・・。

 

物語の舞台はノースカロライナ州ヴァージニア州をまたいで海沿いに広がる「ディズマル湿地」をモデルにしているとのこと。一時は干拓や宅地開発も進められたものの、現在では州立公園として自然保護区に指定されているようです。本書からは「湿地を守る」との主張も強く感じることができます。

 

2022/10

 

少年と犬(馳星周)

遥か昔に『信じられぬ旅』という本を読んだことがあります。ディズニーによって映画化された「三匹荒野を行く」のほうが有名かもしれません。詳細は覚えていませんが、主人と離れてしまったラブラドル犬が主人を追って北米の荒野を旅する物語。本書もまた、犬を主人公とするロードノヴェルです。震災で主人を失ったシェパード雑種犬の「多聞」が、仙台から熊本へと旅をする物語。多聞は何を求めて、どこへ向かおうとしているのでしょう。その答えは最終章で明らかになり、多聞はそこで運命的な役割を果たすのですが、それを書いてしまってはネタバレですね。

 

過酷な大自然の中で生き抜くための闘いが求められる北米と異なって、現代日本では人間との関りが避けられません。日本列島を南下していくなか、仙台、新潟、富山、滋賀、島根、熊本で出会った人間たちに多聞は深い思い出を残していきます。家族のために犯罪に手を染めた男。故国に帰ろうとする窃盗団の男。関係が壊れかけた夫婦。身体を売って男に貢いでいた女。死病を患っている老猟師。震のショックで心を閉ざした少年。

 

その多くが多聞との離別によって人生の区切りをつけることになるのですが、多聞はその前に彼らにもたらされた癒しだったはず。「人の心を理解し、人に寄り添ってくれる。こんな動物は他にはいない」のです。出会った誰もが多聞を深く愛したことや、多聞に犬に対する描写などから、著者が犬に抱いている深い愛情を感じる作品です。著者本来のノワールではない本書が、直木賞を受賞してベストセラーになったことには、少々戸惑いは感じてしまうのですが・・。。

 

2022/10

自転しながら公転する(山本文緒)

物語はベトナムでの結婚式の場面から始まります。ベトナム人の恋人と結婚する日本人女性は、固い決意を持って異国に移り住むことを決めたのです。一転して綴られていくのは、東京近郊のショッピングモールのアパレル店の契約社員として働いている女性の日常風景。母親の看病のために東京での仕事を辞めて実家に戻ってきた32歳の都は、さまざまなことに悩んでいます。

 

それらは全て都を取り巻く人々との関係のようです。病気で気力を失ってしまった母親との関係。母親を気遣いを求める父親との関係。職場で起こったハラスメントや正社員との関係。それぞれに結婚、出産、仕事の道を歩んでいる元同級生との関係。とりわけ両親も本人も「結婚」を意識せざるをえない年齢になって、付き合い始めた寿司職人の貫一との関係は深刻です。

 

養護施設に入っている父親の面倒を見たり、震災ボランティアに没頭した過去があったりと、決して悪い人でないのですが、なかなか本音を打ち明けてくれません。頭はいいのに中卒の元ヤンキーで、寿司店の閉店によって失業してしまったとなると、結婚などとは言い出せないのでしょう。彼もまた様々なことから逃げているようです。そんな都に、年下ながら裕福なベトナム人ビジネスマンのニャンが接近してくるのですが・・。

 

著者は明言していませんが、自分の人生を「自転」とするなら、「公転」とは次の世代に繋いでいくことなのかもしれません。生きるとは、無限の宇宙の中で疾走していくようなものなのでしょう。何かに拘れば拘るほど、自転も公転もスムーズさを失っていくようです。都は思うのです。「幸せに拘れば拘るほど、人は寛容さを失っていく」と。ラストの大きな仕掛けには驚かされますが、そこを別にしても読む価値のある作品でした。、「ひたむきに頑張る」だけが正解ではないと感じさせてもらえます。

 

2022/10

2022/9 Best 3

1.愛の裏側は闇(ラフィク・シャミ)

ダマスカス近郊の田舎村にルーツを持つ男女の悲恋物語。何十年もの間、村の支配権を巡って抗争を続けてきたカトリック教家の息子ファリードと、正教会教家の娘ラナーの純愛は、第二次大戦後のシリアがたどった歴史の中で翻弄されていきます。1975年に25歳の若さでドイツに亡命した著者の自伝的要素を含む本書は、「20世紀イランのロミジュリ物語」などと要約してしまうには、あまりにも重い内容が込められた作品です。

 

2.塞王の楯(今村翔吾)

ともに近江に生まれたスペシャリスト集団が、それぞれの理想を掲げて戦乱の世を終わらせるために対峙する物語。かたや「最強の楯」である石垣が戦を防ぐと信じる穴太衆。かたや「最強の矛」である鉄砲が戦の抑止力となると信じる国友衆。2つの集団は、関ケ原の前哨戦にあたる大津城攻防戦で対峙することになるのですが・・。2022年上期の直木賞受賞作です。

 

3.大聖堂 上中下(ケン・フォレット

スパイ小説作家として有名な著者は、大聖堂の建築過程を小説化したいとの初志を抱いていたそうです。デビュー20年後に書き上げられた本書には、人命が軽い反面で科学の進歩と技術革新の時代でもあった中世が見事に描写されています。12世紀のイングランドで大聖堂建築の夢を抱く建築職人のトムと、義理の息子のジャックの物語が、スティーブン王と女帝モードの王位を巡る対立の中で繰り広げられていきます。

 

【その他今月読んだ本】

・女のいない男たち(再読)(村上春樹

・最後の秘境東京藝大(二宮敦人)

・大絵画展(望月諒子)

・ウィーンの冬(春江一也)

アメリカン・スナイパー(クリス・カイル)

・絞め殺しの樹(河崎秋子)

神の子どもたちはみな踊る村上春樹

・とうもろこし倉の幽霊(R・A・ラファティ

・京都はんなり暮し(澤田瞳子

・伯爵と成金(堀川アサコ

・興亡の世界史8.イタリア海洋都市の精神(青柳正規編/陣内秀信著)

・紅霞後宮物語 第13幕(雪村花菜)

・いのちがけ(砂原浩太朗)

 

2022/9/29